社長ごあいさつ

取締役社長 中島 啓祐 皆様方には、平素より私ども北國マネジメント株式会社を格別にお引き立ていただきまして、誠にありがとうございます。
 当社は、北陸3県を中心に、経済の活性化・発展に寄与するように再生が見込まれる中小企業と協働し、経営資源の有効活用、雇用の維持・拡大を図ることを基本理念に平成22年5月に北陸では初めてとなる官民一体型ファンド「いしかわ中小企業第1号再生ファンド」を、また昨年5月には「いしかわ中小企業第2号再生ファンド」を立ち上げております。
 第1号ファンドでは、この7年間で13社の企業に投資をさせていただき、昨年3月で出資枠の30億円を充足することができました。投資先の8社につきましては、新幹線開業というフォローの風にも恵まれ、業績は当初計画を大幅に上回り、早い段階で投資額の返済をいただき、さらに新規の設備投資にも着手するなど積極的な事業展開により、新たな雇用も生みだしております。また、現在投資している5社につきましても、投資先に寄り添い業績改善に向けた提案を行った結果、売上・利益とも毎年順調に回復し、企業価値も大きく向上しており、早期リファイナンスが実現できる見込みであります。
 第2号ファンドについては、1号ファンドと同様に中小企業基盤整備機構、北國銀行、のと共栄信用金庫、金沢信用金庫、鶴来信用金庫、石川県信用保証協会から出資をいただき、これまでに2件で8億円の投資実績をあげることができました。これまでは金融機関側から持ち込まれた案件が主でしたが、最近は会計士や債務者から直接相談があるようになり、再生ファンドが認知されるようになっているように感じています。引き続き、地域金融機関、石川県再生支援協議会の協力を得て、早期に20億円の投資枠の充足できるように努めてまいります。1号ファンドでは温泉旅館が中心になりましたが、2号ファンドでは建設業、製造業、娯楽施設等のこれまでに事例がなかった業界および石川県以外地域にも投資を進めてまいります。
 当社は、ファンドの運営業務に加え、平成27年12月に経済産業省より「経営革新等支援機関」としての認定をうけ、コンサルティング業務も行っております。これまでに8社の経営計画の作成に携わり、経営者の方々と、営業の強化、各種コストの見直し、社員の活用といった各分野のテーマについて話合い、問題点の抽出、課題解決を一緒に進めてまいりました。認定支援機関としての強みも活かし、公的機関との連携を行いながら地元中小企業のサポートに役立てるよう取り組んでいきます。
 当社といたしましては、引き続き地場産業の活力向上を後押し、地域の活性化とその好循環の維持を目指す「地方創生」に資するよう努めてまいりますので、皆様方にはご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

平成29年5月

取締役社長 中島 啓祐